FC2ブログ
   
01
2
4
7
10
12
14
15
17
18
20
21
23
26
29
31
   

センター試験

日曜日の嵐のコンサート以来


現実逃避している「はやピーママ」です。



ちまたでは「センター試験」の不手際がたくさん取りざたされておりますが,



私は受けたことがありません(爆)



私は最後の「共通一次」世代です。


でも,忘れもしません。


「生物」の試験。


今までに勉強したことが何だったのか???と思うぐらいみたことのない問題だらけで


試験中に涙が出そうになったのを今でも覚えています。


その後の教科も最初の「生物」が影響してボロボロになり,


泣きながら帰り・・・・もちろん結果はさんざんで希望校にも不合格・・・




「生物」の難しさは周りでも話題になり(「物理」も・・・)


「地学」や「化学」と比べて平均点にかなりの開きが!!


多分30点近い平均点の差だったような・・・



そして,数日後,前代未聞?の平均点を近づけるための「かさあげ」が行われたのでした。



大学共通第1次学力試験(ウィキペディアより引用)

1989年


同じ学科(学部)について定員・日程の分離分割方式を是とする京都大学の主張を支持する大学が増えたため、定員を前期日程と後期日程に分割し、前期日程に合格し入学手続きした者はB日程・後期日程を受験できない分離分割方式を導入した。分離分割方式を実施しても先に試験を実施した方が「有利」であるため、前期日程への定員配分増加は阻止できず、翌年以降に分離分割方式の大学が増加するに伴って、事実上の一校受験化を招いた。つまり、定員一部留保二次募集型に各大学が切り替わった。

理科の各受験科目の平均点が物理53.5点、化学73.8点、生物44.3点、地学71.3点で、著しく異なる事態が発生した。物理と生物の選択者に著しく不利であるとして、次の計算式による点数調整(かさ上げ)が行われた。

物理:(調整後の点数) = 48.8 + 0.512 × (調整前の点数)
生物:(調整後の点数) = 47.2 + 0.528 × (調整前の点数)
これで平均点は物理76.2点、生物70.6点となったが、白紙答案(調整前 0点)を提出しても、物理は49点、生物は47点となるため関係者や化学・地学の受験生から批判が起こった。

「数学I」では正解が無限に発生する事態が生じた。共通一次試験としては最後の実施となったが後味の悪い結果となった。

共通1次試験はこれが最後となり、翌1990年に大学入試センター試験が開始された。



最初から「かさあげ」があるってわかってたら

他の教科に影響は出なかったかもしれないのに・・・と

当時はかなり怒っておりましたが・・・


今ではその希望の大学じゃなくてよかったなと


結果オーライかなと思っています。



今年のセンター試験の不手際でも


きっと泣いている受験生いますよね・・・




人生合格だけがすべてじゃないぞ!と自分に言い聞かせるけど、息子にはそんなこと言わないよ。
いつもポチッとありがとうございます

↓↓↓







スポンサーサイト



CalendArchive

FC2カウンター

プロフィール

お越しいただきありがとうございます。 2014年春から高校1年生,中学1年生, そして小学1年生の3兄弟の母です。 子育連の本部役員もあり・・・ もちろん家事は休業中!? 長男も次男も新しいことに挑戦するらしい・・・ さてさて三男は・・・???

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブログランキング

blogram投票ボタン

FC2アフィリエイト

FC2ブログランキング

フリーエリア

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード